読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生まれ変わるなら関西人に

閲覧いただきありがとうございます。アイドルの彼らについて書いています。

プレイリスト『PERFECT』

こんにちは!

花粉症の人には辛い時期になってきましたね。私はどうにか持ちこたえています…

 

 

最近、嵐のDVD(AROUND ASIA凱旋記念公演〜)を見返して、やはり思ったのは…

私の青春は嵐とともにあった!!ということです。中学生から高校生までほぼほぼ嵐しか聞いていなかったので、多感な時期を嵐を聞きながら過ごしたというのは大きいです。

その曲を聞くとそれを聞いていた瞬間の風景とか場所とかを思い出すし、歌の持つ力ってすごいんだなあと思います。

 

そこで!今回は私の基本、嵐!のなかでも昔から大好きな大野さんのソロ曲!について、私なりに振り返ってみたいと思います!!

ほんとにリーダーの歌声って素敵…それが遺憾なく発揮されるソロ曲はほんとに素敵!!ぜひみなさんも一度聞いてみてください!!

 

・Rain(『One』収録)

Coolなダンスソングでありながら、歌のうまさも惜しげも無く活かされている曲です。転調してからの大さび、からの最後の「ひとり危ない目で走り出す」が好きです。

初めて買った嵐のDVDで披露していたのがこれ…最高のビジュアルでキレッキレのダンス!!この人何してんの?って感じでした。

 

・Song for me(『Time』収録)

時計と鐘の音が特徴てきなどこか神秘的な歌です。メロディも独特な感じで謎めいてて好き。相変わらず高音が良い…。間奏の大きく右から左に移動しながらの流れる様なダンスは必見かと!!!

 

・Take me faraway(『Dream "A" live』収録)

ビートは効いてるけどゆったりした大人のセクシーさを感じる曲。初めて聞いた時はそんなに思い入れなかったんですけど、少し歳月がたった後に改めて聞いたらなんかいいなって感じた記憶があります。Cメロの超高音は必聴です。

 

・静かな夜に(『僕の見ている風景』収録)

少し爽やかな、でもゆったりしたこれもまた大人の色気を感じる一曲。メロディーラインがすごく美しいです、Cメロとか特に。ライブでの曲調のアレンジが最高!!!Cメロ前に無音になって息づかいの音が入って…生で聞いたときは本当に鳥肌が立ちました。個人的にはBメロの「夢のように 滲んでゆく」の「滲んでゆく」の部分の人差し指をくるくるとゆっくり回す振りがヤバいです。大野さん手が綺麗だからな…

 

・Hung up on(『Beautiful World』収録)

ビートの効いたダンス曲ですね!初めて聞いたときは、もっと歌唱力を活かした歌にすれば良いのになあと感じましたが、ライブに行ったらこれは演出ありきで良さが最大限に生かされる曲なんだと瞬時に理解しました。間奏が長くなってて、流れるようにキレキレに踊る姿は最高です。前奏の右腕をくねくね動かす振りが好き。

 

・two(『Popcorn』収録)

これめっちゃ好き。多分一番好き。歌唱力が存分に活かされてて「よ!待ってました!」って感じ。ゆっくりめの大人なバラードですね。ライブの生歌はマジでやばい。さりげなくちょっとした動きとか、軽めにダンスもやってるのに全くぶれないその歌声…そしてCメロのロングブレス…ああ神様ありがとう。踊りながらでも本当にブレずに歌える人っているんだと見る度に実感させられます。

 

・Hit the floor(『LOVE』収録)

きました床ドンです!これもねえええ良いんだよねええ…曲の展開が好き、おしゃれ。あとは衣装が断トツで好き!!!腕まくりは反則。踊りも何回も見てるとキャッチーで覚えちゃうんだけど絶対踊れない。さりげなーく凄い踊りをこなしているのが彼の凄いところ。腕を回す振りが多いのが特徴的。

 

・Imaging Crazy(『THE DIGITALIAN』収録)

これもまたビートの効いたダンス曲。でもサビの中で音程が1オクターブ上がったりと、歌唱力の高さと音域の広さを再認識させられる曲でもあります。あと私が見る限りこれもライブは生歌だと。一番終わりの「Stop」とCメロのフェイクの破壊力はヤバいです。踊りも相変わらず何をしているのかよくわからない凄さ。

 

・暁(『Japonism』収録)

笛と太鼓の音、独特な旋律が印象的な、Japonism感満載の一曲。するめ曲だと思います。毎度の事だけれども踊りがすごい。サビの一直線に足を後ろに戻すやつとか簡単そうに見えて絶対難しいし、前奏と後奏の手の動きとか訳分からんし!カンフーっぽい振りのところは指先まで美しく、これも毎度の事ながら瞬きするのも惜しいです。個人的にはAメロが凄い好きなんですが、曲の構成上1番しかAメロが無いのでそれが少し残念…

 

・Bad boy(『Are You Happy?』収録)

いろんな意味で衝撃的な歌ですよね。今までのソロ曲もビート系は多かったし、これは踊りメインなのかなと感じる歌はありましたが(Hung up onみたいな)、ここまでダンスの方に振りきったのは意外でした。もっと意外だったのはいわずもがな演出ですね(笑)後ろのモニターに映る映像に一瞬「…え?」となり、笑いたいんだけど笑っていいのか分からず戸惑いながら笑いをこらえていたら相変わらず大野さんは訳の分からないダンスをやってるし…なに?なにそれ足どうなってんの?どう動かしたらそうなるの?みたいな。早く映像化してほしい、一刻も早く確認したい。

 

 

 

 

以上、私なり大野智ソロ曲振り返りでした。

歌声がね…ほんとに素敵なんですよね…生歌でもCDと変わらない…

普段あんなにぽけーっとしてて全然喋らないのにね、やっと喋ったと思ったらニノに「おはようございます」とか言われてるのにね、別人かな?みたいな。

私はいつもライブに行くと、大野さんのソロだけは無言になります。そういう人多いと思います。他のメンバーのソロのときはレスポンスしたりペンラ振ったりするんだけど、大野さんのときはもう全ての動きを止めて一心不乱に見つめます。瞬きも出来ればしたくない、大野さんの一挙一動を見逃したくないから!!私の中で一番の表現者はニノですが、大野さんもニノとは違った意味で表現者、芸術家なんだと思います。

ぜひ一度聴くなり見るなりしてみてください、まんまとギャップにやられること間違いなしです。

 

これからも素敵なソロ曲楽しみにしております!!!