読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生まれ変わるなら関西人に

閲覧いただきありがとうございます。アイドルの彼らについて書いています。

24から感謝以上のものをもらいました③

これで24魂に関しては最後にしようと思います!出来たら良いな!!日本語、頑張ります!!

 

最後は、ファンの方々について。私一個人が24魂を通して感じた事にすぎませんが。

まず第一に、みなさん礼儀がいいし平和だし健気…!!上からだな君は一体誰何だいという感じですが、ほんとにそう感じました…!広いドームで私が見かけた方々はごく一部ですし、いろいろな人がいると思いますが、今まで経験してきた中では一番気持ちく参戦出来ました。ぴりぴりした感じも全くないし、MC中も挨拶の時も静かだし、でもレスポンスはちゃんとするし、ファンの鏡だと思います、あるべき姿だと思います。

ファンの年齢層が低いライブとかだと(若くてもしっかりしている人はたくさんいるし、大人でもだめなやつはいますが)、きゃーきゃー言うけど拍手すべきとこで拍手がなかったりっていうのを個人的に感じてました。やっぱりファンにもいくらお金を払っているからといっても取るべき態度というものがあるし、彼らが盛り上げようとしてくれているのに対してきちんと態度で返して行くべきだと思うんですよね。たった2、3時間しか同じ場所に集まらない見ず知らずの私たちだけど、その短い時間だけでも平和に仲良く楽しい時間を共有できるように努力しようぜ!って思うんです。

24魂で一番印象に残っているのは、オーラスのアンコールの時、会場の声が一つにそろった事です。

今までそれを経験したことは一度もありませんでした。てか普通に不可能だと思ってました。たとえアリーナ規模であっても、あれだけの人の声がそろうなんて無理、誰かが大きい声で合図したり画面にタイミングをしらせるサインが出てたりでもしない限り無理!そう思ってたんですけど…揃ったんですよね…しかもドーム規模で。すごい鳥肌が立ちました。こんなことあるんだ!って。本人達に聞こえていたかは分からないけど…届いてたらいいなあー!!

最後の最後の挨拶でおしげがみんなが手をつないでいるところが見たいっていった時も、横の方ひとりで参戦してて比較的静かだったんですけど、嫌な顔ひとつせずつないでくれました。多分私の手は手汗びっしょりでした心の底からごめんなさい。

ファンの人たち一人一人が思いやりというか、周りを気にしないとああいうことは出来ないよね、という話に家族となりました。この人たちと一緒にWESTを応援出来る事に感謝したいし、ファンにそうさせる力を持っている彼らが凄いと思いました。

最後の挨拶で淳太くんが「誰も置いていかない」、濱ちゃんが「一番近いグループでいたい」と言っていましたが、その台詞こそが、ジャニーズWESTとジャス民の関係性を強く体現していると思います。

これからどんどん人気が出てきて、ファンの数も増えてってなると、いろんな問題が出てくると思います。でも、彼らがずっと自分たちらしくといつも言ってくれているのなら、私たちファンもずっと今の姿勢を変えずに応援していかなければいけないと思います。今の素敵な関係性のままずーっといれたらいいのになぁと本当に感じましたので、私も頑張ります。また神ちゃんに「皆さんがジャス民でよかったってほんまに思うんです」って言ってもらえるように。うぇーんともひろぉ〜〜〜。

 

 

まとめますと、24魂を経て、彼らの事がも100倍好きになったし、一生応援して行きたいと強く感じさせられました。素敵なクリスマスをありがとう、そしていつも笑顔と幸せをありがとう!!!